月明かりの力を借りて残雪の立山連峰をバックに切り取るスタートレイル(比較明撮影)


ペンタックスK-3で比較明撮影。立山連峰。

最近、薄々と感じていること。星景撮影をするのに明るいレンズが必要なタイミングってそんなに多くないんじゃないのか?ってこと。

 

星を点像として撮影をしたい、天の川を撮影したいとなると月明かりは邪魔です。公害も論外です。となると人里離れた山奥や新月、或いは月が沈んだ後の撮影ということになります。しかし、その逆もまた然り。満月の日だってあります。

 

以前、この記事で、星を点像で撮れなくても流し撮りができることについて触れました。今回も同じ手法で撮影をしてきました。それも雪上で。

 

そう、今回は満月ではないけれど、月明かりが盛大に出ている星空撮影を立山連峰の懐でやってきました。使用したレンズはペンタックスのHD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRです。

 

DA16-85mmは日中の風景撮影向きだと思っていて、決して星景撮影に向いたレンズだとは考えていません。しかし、条件によっては使えるレンズでもあります。その条件とは月明かりの力を借りた比較明撮影でスタートレイルを表現する手法です。

 

続きを読む


天の川撮影はサムヤン12mm f/2とFUJIFILM のミラーレス一眼でバッチリいける


撮れば撮るほどサムヤン 12mmとX-T2の組み合わせが天の川の撮影に向いたシステムだと実感しています。

 

理由は星と追尾しなくても星を点像として撮影できることです。どういうことかと言うと、風景を流さずに撮影ができるということですね。これはX-T2のボディに限らず同じセンサーと画像処理エンジンを搭載している、X-H1、X-Pro2、X-T20にも同じことが言えます。

 

続きを読む


星景写真を撮影するには2種類のスタンスと4種類のアプローチがある


今、自分が持っているカメラとレンズに不満を抱いている人って少なくないのではないかと思います。特にAPS-C機やMFT機を使っている人に多いのではないでしょうか。

 

でも撮影スタンスによっては、今お持ちのカメラとレンズでもいいかもしれないよ、というお話です。

 

続きを読む


残雪の今がチャンス。長野県戸隠山麓の鏡池は光害が少ない星景撮影のスポット


3月の真夜中の戸隠にある鏡池

(X-T2 / SAMYANG 12mm F2.0 NCS CS)

先日、X-T2とサムヤン 12mmでタイムラプス撮影中、K-3と100mmのレンズでバルブ撮影をした話を書きましたが、今回はその撮影場所をご紹介します。撮影日は2018/3/25です。

 

本当に光害がない場所へ行くためには山奥まで入らないと無理かもしれません。それも6時間も7時間もかけて歩いて行くような場所です。例えば、双六岳から黒部源流に至るトレイルなどが該当します。でも、まだまだ山は冬です。山の奥地まで入るには厳し過ぎる環境です。

 

そこで大半の人が車でアクセスしやすい場所へ行くことになるのですがどこもかしこも光害だらけですよね。光害が比較的少ない場所ということを考えると、伊豆や房総半島、串本などの先端、山間部、あるいはどこか高原に行くことになりますよね。

 

今回は高原をターゲットにしました。

 

続きを読む


広角だけじゃないんだ。中望遠レンズで星景撮影に挑戦してみたらうまくいった


今まで星景撮影は、広角レンズや標準画角のレンズでやるものだと思っておりました。

 

しかし、望遠レンズで天の川を撮影されている方もいらっしゃるんですね。きっかけはtamugon_blogさんの「春の天の川」の記事です。

 

tamugon_blogさんは、剣岳をバックに望遠レンズを使って比較明合成をすることでスタートレイルを作っています。画角は135mm?くらいかと思われ、私の持っている D FA MACRO 100mmF2.8 WRでも似たような表現ができるのかも、と考え私も試してみることにしました。

 

ペンタックスのレンズを使っていますが、どこのメーカーのレンズでもOK。

 

撮影は長野県の戸隠山の麓にある鏡池でやりました。撮影地からこの山までの直線距離は約2.6kmです。これを100mmのレンズで切り取ったものが今回の作例になります。

 

続きを読む