3本の単焦点レンズ(16mm、50mm、90mm)で切り取る北八ヶ岳の森の様子


台風の上陸やら秋雨前線の停滞でさっぱり天気が安定しない日々が続いております。そんな感じで山歩きを控えて悶々とする日々を送っております。。

 

秋雨前線が少し北寄りへ押し上げられるタイミングがやってきたので晴れを期待しつつも、万が一、雨が降っても楽しめそうな北八ヶ岳の森に行ってきました。

出典:気象庁・2018年9月9日の天気図(https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/wxchart/quickdaily.html?show=20180909

 

無雪期に北八ヶ岳の界隈をを歩くのは実に3年ぶりです。

 

当時と3年前と異なる点。今は単焦点レンズの楽しさを満喫しているという点です。当時は超広角と高倍率ズームレンズばかり使っていました。同じ場所でも新鮮さがまるで違いますよっ!

 

今回の記事は単焦点レンズを持って森歩きを楽しんできたよ、という趣旨の内容です。ズームレンズだけじゃなく単焦点レンズの購入を見据えている方は是非、ご参考ください。

 

持って行った機材は以下の通り。

・FUJIFILM X-T2
・XF16mm F1.4 (広角単焦点)
・XF90mm F2(中望遠単焦点)

・PENTAX K-3
・smc M50mm F1.7(マニュアルのオールドレンズ)
・DA16-85mm F3.5-5.6 (簡易防滴のズームレンズ)

 

それでは、レンズごとに撮影した森の様子を紹介していきましょう。
※解像度を落としています。

 

続きを読む


やっぱりサムヤン12mm f/2は星景撮影でハイクオリティな絵を叩き出す


天の川の季節がやってきましたね。もう天の川の撮影に挑戦してみましたか?

 

私は今朝方、SAMYANG(サムヤン )12mm f/2 とX-T2で天の川のタイムラプ用の撮影を300枚ほどやってきました。さて、今回はこの撮影データを使って実例をご紹介したいと思います。

 

APS-C機で星を撮るカメラとレンズのベストな組み合わせ でも触れた通りAPS-C機で星空撮影をするならFUJI機とサムヤン のレンズの組み合わせがベストと書きました。

 

具体的には、X-Trans CMOS III センサーと画像処理エンジンX-Processor Proを積んだFUJIFILMのカメラとSAMYANGの単焦点広角レンズ 12mm F2.0の組み合わせです。

 

それでは実際に天の川の検証撮影してきましたのでご紹介していきたいと思います。使用レンズはXF16mmとSAMYANG 12mm F2.0です。

 

続きを読む


海外でもすこぶる評判が高いAPS-C最強の広角単焦点レンズ。XF16mm F1.4 R WR


朝日。XF16mm開放F1.4で撮影。

ご存知でしたか?海外でもすこぶる人気が高いレンズがあることを。

 

カメラは日本メーカーが世界で圧倒的なシェアを誇っています。日本に来る海外旅行者の中にNikonやCanonを持ち歩いてる人たちがいますよね。物凄いシェアですよね。

 

世界中のユーザーたち(北半球が多いかな)がレンズやカメラについてレビューをあげてくれています。この情報を見ずに購入を決めるのは少しもったいないような気がします。

 

レビューと言えば、玉石混合の情報になりがちですが情報の母数が多ければ多いほど信頼度も高くなります。レビューと言えばお金を払って書いてもらっている情報も存在するので情報の入手先は多いに越したことはありません。

 

今回は私が気に入っている接写ができるレンズ、それはFUJIFILM XシリーズのXF16mmF1.4 R WRです。海外のレビューでもとても評判が高いレンズなので例を絡めてご紹介したいと思います。

 

このレンズは単焦点レンズですので足で歩いて構図を見極める必要が出てきます。でも、接写ができるという利点があるからこそ、歩いて動いて被写体を探してやろう!という気にさせてくれるレンズです。

 

続きを読む


FUJINON XF16mmF1.4で越前大野市の冬景色をスナップ撮影してみた


PENTAX DA16-85mm / 85mmで撮影

 

風景写真や星景撮影をする私の苦手分野と言ったら街中でのスナップ撮影です。何を撮影していいのかよく分からないのです。

 

しかし、そんな中でもスナップ写真を撮りたくなる場所があります。それは城下町です。被写体を探すというよりは目につくので撮り易い、だから撮る意欲が湧くと言った方が正確かもしれません。

 

続きを読む