残雪期の樹林帯歩きでまとわりつくブヨから自然素材を使って身を守る方法

Pocket

広角レンズに写り込むブヨ

残雪期の登山と言えば初夏のような陽気の中、樹林帯歩きをすることが多いのではないでしょうか。そんな中、自分の身にまとわり付いてくるブヨに悩まされることも少なくありません。

 

豪雪地帯と呼ばれる地域の山では、残雪期になるとブヨが大量発生します。日本海側の山で広葉樹が多い場所に多い印象です。私自身、残雪期の雨飾山、火打山、鍋倉山、巻機山、守門岳などでブヨに悩まされてきました。

 

休憩しているとブヨが何匹も自分の身にまとわりついてきて、ブンブン目の前を飛び、タチが悪いことに人様の皮膚を噛んできます。ブヨに刺されると1週間ほど痒みがひきません。

 

写真を撮影しているとブヨがブンブン飛んでくるものですから、広角レンズを使っているとブヨまでが黒い点で写り込んでしまいます。こんな感じで3匹のブヨが写っています。あー、鬱陶しい!

広角レンズに写りこむブヨ

この登山者にとって忌々しいブヨの大群は何とからならないものなのでしょうか?

 

ブヨから身を守る方法は2つあります。

 

 

対策1:防虫ネットをかぶって歩く

 

防虫ネット

ブヨは蚊よりもタチが悪いです。大群でブンブン自分の身にまとわりついてきます。特に顔の辺りを飛ばれるとストレスが最高潮に達します。こうなると登山を純粋に楽しめなくなります。

 

どうしたら鬱陶しいブヨを防げるのでしょうか。対策としては防虫ネットを被る方法があります。

 

メリットは、どんなに大群のブヨが顔の周辺を飛んでも被害を受けることがありません。実際に頭の頭皮や、衣類の上から刺してくるほど強力な蚊が生息しているカナダ北部やアラスカで、防虫ネットが大いに役だったいう経験があります。

 

しかし、せっかく景色を楽しみにきているのにネットを被ると少しだけ視界が悪くなります。それから暑いですね。防虫ネットは本当に最終手段として使う道具かなって思います。

【ノーブランド】虫除けネット 蚊帳 釣りやアウトドアに

 

対策2:天然素材であるハッカ油を虫除けスプレーとして使う

 

虫除けになるハッカ油

DEETという成分が入った海外製の虫除け剤を使ったことがあります。凄まじく強力です。どんなに強烈な虫も吹っかければイチコロです。自分の足のスネなどに吹き付けておけばどんなに強力な蚊でも近づいてきません。

 

しかし、いかにも有害な物質が入ってるんだろうなという匂いがイヤで使うのをやめました。実際に噴射した時に気持ち悪くなりましたし。

 

強力な薬は便利なのですが、自分自身も何らかの副作用の影響を受けてしまうリスクを負うことになります。そこで天然素材の虫除けスプレーを使うことにしました。

 

それがハッカ油です。ハッカ油は天然素材です。有害物資が入ってません。万が一吸い込んでも体に悪影響を及ぼすリスクに晒されることがありません。

 

ハッカ油を足や腕、頭などにハッカ油スプレーを吹きかけるとブヨの大群が逃げていきます。持続時間は長くありませんが休憩の度に吹きかける使い方をしています。香りもいいのでオェ!ってなることもありません。

 

ハッカ油は、虫除けだけでなく、希釈してうがい薬として使ったり、車内の匂い消し、眠気覚しにも使えます。つまり、オールマイティーに使える安全な天然素材です。

ハッカ油の説明書

 

ハッカ油は10mmlで1000円程度で購入できます。天然素材を好む方は是非、使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA