星を点像として撮影したい。焦点距離から適正露出を算出する500ルールとは?


星を点像として撮影する500のルール

星空を撮影するとき、星が流れるように撮影をするスタートレイルと、星と点像として撮影する方法があります。

 

スタートレイルは、インターバル撮影をした画像を重ね合わせて作ることができます。

 

バルブ撮影の長時間露光でもスタートレイルの撮影を実現することができます。この場合、明るいレンズは不要です。理由はF4やF5.6まで絞っても露光時間を長くすることで、露出を確保できるからです。

 

では、星を点像として撮影したい場合、ペンタックスのアストロレーサー(O-GPS1)などで星を追尾する方法もありますが、景色が流れてしまいます。では、景色を流さずに星を点像として撮影するためには、どの焦点距離でどの程度の明るさで何秒のシャッター速度にすればいいのでしょうか?

 

 

フルサイズ換算で15mm、F2.8、ISO3200、シャッタースピード30秒が景色を流さずに星を点像として撮影できる限界値

 

見出し通りですが、新月の場合でフルサイズで15mm(APS-Cなら10mm)、F2.8、ISO3200、シャッター速度30秒が星を点像として撮影できる適正露出の基準になります。

 

その理由は、私のこれまでの実体験に加え、プロの体験談によるもの(CP+ 2018 横浜での講演)で500ルールに適用するとほぼその通りだからです。 (*500のルールについては後述)

 

CP+2018横浜で聴いた講演者のお話を要約すると、

・撮影地は北アルプスの涸沢
・使用レンズの画角は24mm(フルサイズ)
・絞りはF2.8
・ISOは3200
・シャッター速度は25秒

です。

 

しかし、この設定だと少し星が流れてしまうので、ISO6400まであげて13秒のシャッター速度で撮影したそうです。レンズは24mmです。500ルールを当てはめると、20秒が星が流れない最大の露光時間(シャッター速度)になります。

 

もし、15mmのレンズを使っていたら、最大で30秒まで露光時間まで伸ばしISO3200で適正な露出を得られます。

 

星が流れない露出時間の限界値として、500をレンズの焦点距離で割って算出する「500ルール」

 

500ルールを使うと、今、手元にあるレンズが何秒のシャッター速度まで星が流れずに撮影できるのか?ということが把握できるようになります。

 

500ルールの計算

適正露出を得るための最大露光時間 = 500 / レンズの焦点距離(フルサイズ相当)

 

まとめると、こうなります。

FF | APS-C| μ4/3|露光時間

15mm|10mm|7mm| 33秒

18mm|12mm|9mm|28秒

20mm|14mm|10mm|24秒

24mm|16mm|12mm|20秒

28mm|18mm|14mm|17秒

 

広角になればなるほど、露光時間を長くしても星を点像として撮影しやすくなりますね。

 

APS-C機なら16mmでF2まで設定できるレンズが適正

 

先ほど、シャッター速度が30秒の場合、ISO3200が適正と書きました。ISO6400や8000まで上げて露光時間を短くして星を流さないという方法もありますが、APS-C機やマイクロフォーサーズを使っている人にとってはノイズの問題が出てきます。

一応、Lightroomでノイズ除去もできます。

 

やはり30秒の露光時間でISO3200が限度でしょう。(FUJIのXTrans CMOSⅢ搭載機やペンタックスのアクセラレーター搭載機をお使いの人はISO6400でも粘れるかも)

 

新月の条件で、F2.8で30秒の露光時間まで点像撮影として耐えられるレンズの選択肢は限られています。

適正基準値です。
フルサイズで15mm(APS-Cなら10mm)、F2.8、ISO3200、シャッター速度30秒

 

10mmのレンズの場合、星が流れない最大露光時間は33秒です。魚眼ではなく通常の広角レンズとしてF2.8の明るさを確保できているレンズは存在していません。近いものがあるとしたら、ズームレンズのTokina 超広角ズームレンズ AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 でしょう。

12mmのレンズの場合、星が流れない最大露光時間は28秒です。F2.8以下のレンズとしてはサムヤンの12mm F2がSONY、Canon、FUJIFILMのミラーレスAPS-C用としてあります。

 

F2.0で撮影をすれば、ISO3200の時、適正シャッター速度を15秒まで短縮する事ができます。開放2.0でもシャープに写るという評判からもAPS-C機の星撮りレンズとしては一番最適なレンズだと言えます。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 12mm F2.0 ブラック ソニー αE用

SAMYANG 単焦点広角レンズ 12mm F2.0 ブラック キヤノン EOS M用

SAMYANG 単焦点広角レンズ 12mm F2.0 ブラック フジフイルム X用

 

14mmのレンズならペンタックス、FUJIFILMでそれぞれ純正品のF2.8のレンズを出しています。また、サムヤン14mmのレンズもあります。星が流れない最大露光時間が24秒ですので、ISO3200の限界ですね。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 ペンタックス K用

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF14mmF2.8 R

 

16mmならFUJIFILMのXF16mm F1.4があります。明るいレンズではありますが実用絞り値はF2.8、或いはF2.0になります。詳しくは別記事(使ってみて分かった星景撮影におけるXF16mmF1.4の適正絞り値)でも書いていますので、読んでみてください。

 

仮にF2.0で運用した場合、やはり露光時間を15秒まで短縮することができます。16mmで星が流れない最大露光時間は20秒ですので、新月の場合、どの道、F2.0より明るい絞りで運用しなかればなりません。

*新月でなければある程度の露出を確保できるのでF2.8でも運用できます。

FUJIFILM 単焦点超広角レンズ XF16mmF1.4 R WR

 

ということで、APS-C機なら16mmでF2まで設定できるレンズが適正かなって思います。実際にサムヤン 12mm F2で天の川を検証したので「やっぱりサムヤン12mm f/2は星景撮影でハイクオリティな絵を叩き出す」も併せてご参考ください。

 

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください