3シーズン登山でPENTAXのHD DA16-85mm F3.5-5.6を使ったのでレビューをしてみる


白馬大池。DA16-85mmで撮影。

K-3 / DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR / 16mm / F8 / 1/ 250 / ISO400

 

今や描写力に定評のあるPENTAXの代表的な標準ズームと言えばHD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR です。

 

簡易防滴で便利な画角なカバーをしており、まさに登山にうってつけのレンズですね。このレンズ、登山で使っている人の記事が少ないので3シーズン登山で使ってきた視点からレビューしてみます。

 

 

HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR を購入したキッカケは相棒にDA18-135mmを貸してしまったから

 

あなたがレンズを新規で購入するキッカケは何ですか?

 

・描写力に不満だから改善したい
・使いたい画角をカバーしていない
・重いから軽量化したい
・防滴でないから対応したレンズが欲しい
・逆光に弱いから何とかしたい
・暗いところでもシャッター速度を稼ぎたいから明るいレンズが欲しい

 

私の場合だと、描写力の改善、それから使いたい画角をカバーするためです。

 

背景事情はこうです。私はPENTAX K-30とDA18-135mm F3.5-5.6をセットで購入して使っていました。次第に超広角レンズに興味を持ち出し、SIGMAの10-20mm F4-5.6のレンズを購入します。やがてK-3も入手し、2台のカメラにそれぞれのレンズをつけて使うようになります。

 

そんな状況の中、相棒の使っているカメラは防滴対応はしていません。そういう理由でK-30とDA18-135mmのセットを貸し出すようになります。

 

私はよくK-3 + SIGMA 10-20mmのセットで山を歩くようになります。4泊5日で北アルプスを縦走した時は、このSIGMAの超広角レンズ1本で歩きました。まぁ、画角的にはあまり不満はないのですが、被写体を引きせたいシーンもあります。望遠側の画角が欲しくなります。

 

かと言ってもう1個DA18-135mmを持つのは芸がない。実のところ、このレンズのテレ端(望遠側)の画質に不満を持っていました。近めの被写体を引き寄せる分には不満はないのですが、遠くの被写体を引きせた時に描写力はコンデジ?と思うものが多くありました。

 

そうです。そんな理由で描写力も定評があるDA16-85mmを購入することになったというわけです。

 

DA16-85mmの利点1。広角側が16mm(換算24mm)スタート

 

SIGMAのレンズでも10mm側(ワイド端)で撮影することが多かったです。広角側ばかり使う私にとっては、16mm(フルサイズ換算24mm)スタートが魅力的でした。

 

ほとんどの撮影シーンでは換算24mmもあれば困ることはありません。稜線の上に出ると広い風景が待ってますから換算24mmの広角があると広い風景も自然な形で切り取ることができて助かります。

DA16-85mm。河童橋の上から16mmで撮影。

K-3 / DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR / 16mm / F8 / 1/ 800 / ISO200

谷川岳。DA16-85mm。16mmで撮影。

K-3 / DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR / 16mm / F5.6 / 1/ 8000 / ISO200

 

DA16-85mmの利点2。望遠側で遠景・近い被写体を撮影した時の写りがいい

 

DA18-135mmで抱いていた望遠側での描写力もDA16-85mmでは改善されました。85mmと135mmという差はあり、たまにもっと望遠側が長ければなと思うときもありますが、85mmが欲しいと思う撮影シーンは、登山中の撮影で10%程度です。

 

奥飛騨。DA16-85mm。85mmで撮影。

K-3 / DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR / 85mm / F8 / 1/ 400 / ISO200

黒沢池。DA16-85mm。85mmで撮影。

K-3 / DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR / 85mm / F5.6 / 1/ 500 / ISO100

 

DA16-85mmの利点3。簡易防滴なので突然降り出した雨でも短時間なら平気

 

以前にこのブログで内部結露の問題に触れましたが検査をしたところ、外部からの浸水は一切なかったとの回答をメーカーから貰いました。外部からの防滴に対してはメーカーとしても強みを持っています。

ハイキング最中に雨に出くわしたDA16-85mm。

撮影しているとゲリラ的に雨に出くわすこともあります。晴のち雨のち晴みたいな予測をつけ難い天気の時なんかは多少なりとも安心感はあるのではないでしょうか。

 

DA16-85mmの利点4。パンフォーカスで撮影するならFUJIのXF16-55mmといい勝負

 

東京ミッドタウンの近くでX-T2+XF16-55mm+VPB-XT2を組み合わせてみた

以前、PENTAXからFUJIへの移行を本気で考え、DA16-85mmとXF16-55mmの描写力の検証をしました。結果、広角側でF5.6程度でパンフォーカス撮影をした場合の描写能力はどちらも同等であることが判りました。

 

そんな経緯があって、FUJI機も導入したもののXF16-55mmへの置き換えは考えず、便利ズームはPENTAXで運用をしています。便利ズームという観点ではFUJIよりアドバンテージがありますね。

 

DA16-85mmの利点5。逆光に強いので太陽を入れて撮影できる

 

逆光。DA16-85mmで撮影。

K-3 / DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR / 16mm / F4 / 1/ 8000 / ISO200

スターレンズであるDA☆16-50mmF2.8は逆光に弱いと言われておりますが、DA16-85mmはHDコーディングのおかげで逆光にも強いです。稜線で太陽を入れた撮影もバッチリこなせます。

 

DA16-85mmの利点5。美味しい画角をカバーしている

 

花や星など目的とした特別な撮影を除く縦走登山では16-85mmの1本で全体の70%の撮影をカバーできます。更に超広角レンズが加われば全体の90%の撮影をカバーできます。

 

詳しくはレンズ沼にハマっているあなたへ。ほぼ毎週登山に行っている私が分析したレンズの焦点距離を読んでみてくださいね。

 

DA16-85mmには向いてない被写体もある

 

DA16-85mmは便利なズームレンズで守備範囲が広いレンズではありますが、万能ではありません。当然ながら撮影には向いていない被写体も存在します。

 

フォーカスリングに無限遠のマークがないので星撮りのピント合わせが難しい

DA16-85mmにはなぜか無限遠のマークがありません。暗い時間帯にフォーカスリングを使ってピントを合わせるのがとても面倒です。ISO感度を高くして少しづつピントを調整していく地道な作業が待っています。

 

DA16-85mmの使いどころは日中の登山中(歩行中)に風景を撮影する時

 

F値は凡庸(F3.5-5.6)です。正直、早朝の手持ち撮影はISO感度を高くしないと厳しいです。綺麗に撮影しようと思ったら三脚を立てるのが大前提となります。

 

DA16-85mmは明るめの日中に行動しながら風景を撮影をするスタイルに向いています。画角も程よく届き、逆光にも強く、描写力もあります。

 

このレンズが向いている人は1本だけで縦走登山をしたい、でも利便性も欲しく、描写力も欲しいという人です。

HD PENTAX DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR

 

もちろん、特定の被写体をドラマチックに撮影したい、お花をの前ボケを作って撮影したい、星をきちんと撮影したい、となれば、望遠レンズやマクロレンズなども検討する必要があります。

 

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください